離婚問題を弁護士に相談する場合のポイント

離婚を検討する夫婦が増えてきている中、弁護士に相談して対策を検討したり離婚に関してのアドバイスを受けたりするという人も少なくありません。ただ、弁護士に相談する内容がよくわからないという人も多く、特に初めて離婚を経験する人はどのように相談をすればいいのかわからずにうまく弁護士を利用できない人もいます。

そこで、今回は離婚問題を弁護士に相談する場合に押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。


弁護士は離婚問題に強いかどうか

まず、弁護士に相談する際の重要なポイントとして挙げられているのが、弁護士が離婚問題の相談や依頼に強いかどうかです。弁護士の中には案件に対して得手不得手がある他、これまでの実績からどのような案件を専門に取り扱っているのかがある程度把握できるようになっています。

離婚問題は依頼者の配偶者との交渉だけではなく配偶者が雇った弁護士との交渉になるケースが多い他、当事者以外の人たちが関わってくることも少なくないとされています。このため、ある程度人間関係のトラブルに強い弁護士に相談しないとうまく解決しないこともあるようです。

特に、離婚問題で深く関わってくるのが、配偶者の浮気相手や子供の存在だと言われています。浮気相手であれば慰謝料を請求するかどうか、そして子供がいる場合は養育費や親権をどのようにするのかなど、関わってくる人物によっては複雑な問題を抱えることになるケースが少なくありません。

より豊富な実績や経験を持つ弁護士に相談した方が的確なアドバイスを受けることができるため、離婚問題に強い弁護士に相談することがおすすめです。

離婚に至った経緯をしっかりまとめておく

離婚問題に強い弁護士を見つけてから実際に相談する時のポイントの一つとして、離婚に至った経緯を時系列でまとめることが大切だと言われています。人によってどのような経緯で離婚を考えるようになったのかは異なっているため、まずは具体的にどのような理由で離婚を考えるようになったのかを弁護士に説明する必要があります。

離婚に至った経緯によってはどのように対応することが望ましいのか、本当に離婚することが良いのかどうかの判断もしてもらえるため、客観的な意見が欲しいという場合におすすめです。また、時系列で離婚に至った経緯をまとめることで、自分自身も冷静に離婚に対しての自分の考えや気持ちをまとめるきっかけとなります。

そして、まとめていく中で、自分が本当に離婚したいと思っているのか、自分や相手にどのような問題があったのかを振り返ることで、今後同じような失敗を繰り返さないようにしていくことが大切です。さらに、離婚ではなく再構築を考えるきっかけにしたり、離婚した場合に自分にどのようなメリットやデメリットがあるのか落ち着いて考えたりすることもできるため、弁護士に説明するだけではなく自分自身にとっても大切なポイントだと言われています。

浮気が原因の場合はどのような結果を求めているのか

離婚に至った経緯の中でも多いとされているのが、配偶者の浮気だとされています。中には、相談した本人が浮気をしてしまった経緯もあるのですが、一般的には配偶者に浮気されたことをきっかけとして離婚を考えて弁護士に相談する人が多いようです。

そのような場合の相談で重要なポイントとなっているのが、離婚できるかどうかというよりも離婚することができた時にどのような結果になっていることを希望するのかという点だと言われています。例えば、配偶者から慰謝料を取りたいという人は多いですし、子供がいるのであれば親権や養育費を取りたいと考えている人も少なくありません。

そして、配偶者の浮気相手がすでに判明している場合は浮気相手に対してどのような制裁を求めているのかは、人によって様々です。そのため、まずは配偶者や浮気相手に対してどのような制裁を希望するのか、具体的な希望を明確に弁護士に相談しておく必要があります。

内容によっては実現可能なものもあれば、実現できないものもあることを理解しておかなければいけません。例えば、浮気相手が判明していない場合には浮気相手を探すところから着手しなければならないでしょう。

関連記事:即日相談に乗ってくれる弁護士がお勧め!失敗できない選択

子供がいる場合は親権についてどのように考えているのか

離婚する夫婦によっては子供がいることも少なくないのですが、離婚問題で厄介な点として挙げられているのが子供の親権や養育費の問題です。相談する人によっては親権や養育費に関してどのように考えているのかが異なってきますし、希望する内容によって配偶者への交渉条件や難易度が異なってきます。

したがって、弁護士としてはできる限り相談者が子供の親権や養育費についてどのように考えているのか確認しておきたいと考えているので、自分の考えをしっかり伝えておく必要があるのです。ちなみに、一般的には母親の方が子供の親権や養育費を獲得しやすいと言われています。

けれども、条件や相談者の努力次第では父親でも親権や養育費を獲得することは可能です。そのため、父親で子供の親権や養育費を勝ち取りたいと考えている人は、その旨も伝えて弁護士から適切なアドバイスや気を付けておきたいポイントなども確認しておくことが大切です。

他にも、子供の年齢によっては弁護士に相談していたとしても、子供の意思が優先されることもあるのでその点も理解した上で弁護士に相談する必要があります。

関連記事:民事の問題について弁護士に相談したいときに知っておきたい24時間対応サービス

弁護士によって回答が異なっている点を理解しておく

弁護士に離婚問題を相談する時の重要なポイントとなっているのが、自分の考えに合った弁護士を見つけるようにすることです。離婚問題を取り扱っている弁護士や事務所は数多くあるものの、弁護士によって離婚問題をどのように考えているのか、最終的にはどのような形で終わることが理想的なのかという考え方が異なります。

ですから、相談する弁護士が違えばアドバイスや意見も当然異なってきますし、その内容が自分の考えや気持ちに沿っているものなのかどうかも違ってきます。ここで大切なのが、自分の考えや意見と異なる弁護士に離婚問題を依頼しないことだとされています。

自分の考えや意見と異なる弁護士に依頼してしまうと自分が思っていた離婚の結果ではなくなってしまいますし、自分の気持ちよりも弁護士の考えの方を優先されてしまう可能性が高いです。そうなってしまうと弁護士そのものを信用できなくなってしまうため、金銭面だけではなく様々な点で不利益や損失を被ってしまいます。

したがって、複数の弁護士に相談するようにして、自分の気持ちや考えに沿った弁護士を見つけることが大切です。